子ども教育情報センターメイン画像

WEB(ホームページ)での集客

私たちの提供するホームページ

では、私たちコンサルタント会社が提供するホームページとは。
まず第一に、私たちがモットーとしていることはわかりやすく費用対効果があることです。
ページを見る人は、一般の人です。
私たちは、ホームページ制作専門会社でも広告代理店でもなく、スクール経営のプロ集団です。
私たちは、この仕事をする前、スクールの責任者を経験し、育児雑誌の編集に携わった経験を持っています。
そして実際に子育てを経験し、運営する側の立場、利用するお客様の立場や目線の両方をきちんと把握した上での企画提案であり、制作、運営にあたっています。
先に書いた検索エンジンでの高順位についてもスクールを選ぶ側である一般の方がどんな語彙で検索するかが大切になってきます。

意とした客層からの問い合わせがない?

スクールさん(依頼主)側で、「こんな語彙でyahooに載りたい」という言葉と、スクールを選ぶ一般の保護者の方が探す語彙は、食い違っていたり、必要な語彙に気がつかない場合も多くあります。
そこにコンサルタント会社である私たちが提供するという意味がうまれてきます。

一般論としてですが、ホームページを作ろう(作り直そう)と思えば、制作会社を探すと思います。
デザイン性も重視、検索エンジンでの結果も重視と、高い目標を持って業者を依頼すると、かなり難しい用語で答えられ、用語に関する質問ばかりになってしまい、肝心のことを聞き忘れた、やりたいことが何ていう言葉にあたるのかわからず萎縮してしまった・・・など煙に巻かれたような気持ちになったというような経験は無いでしょうか?

私たちは、コンサルタント会社で、スタッフは全員女性ですから、パソコンが得意ではないスタッフも居ます。
作成の際は、そうした人の意見や目線を一番大切にしています。
スクールの経営者や担当者は、インターネットの専門の方ではないのですから、私たちにとっては、至極当然のことです。
これは私たちの業務全てに共通していることで、印刷に関しても印刷の専門用語を多用しないことを心がけています。
結論が後になりましたが、つまり、もうひとつの心がけは、難しい専門用語を使わないということです。
このページを読んで、意味のわからない専門用語はありましたでしょうか?
つまりそういうことです。
身構えずに、全てお任せ下さい。

そして、私たちにとっては、当たり前のことなのですが、ご要望に対して、反対意見を申し上げることがあります。
「お金を払って依頼するのだから、全て言われた通りにやってほしい」とおっしゃる方も少なからずいらっしゃいます。
言葉一つに関しても、写真一枚に関しても、私たちは、経験と実績、そして実際の利用者である保護者の目線を元に「こうした方が良い」「こうした方がHITする」「こうした方がわかりやすい」ということをご提案させていただいています。
まずは、全てお任せ下さい。

宣伝による集客ができたら、次に問題になってくるのが、実際の入会ですね。 »

問い合わせ

運営サイト

  • 習い事、学習塾を探すなら
こどもじゅく
  • 子ども教育情報センターは、北海道、札幌の教育機関の広告をトータルにプロデュースします。