子ども教育情報センターメイン画像

はじめに

まず、あなたは広告で何を伝えたいですか?

あなたの会社、教室のちらしや、ホームページを見て、「きれいだ」「斬新(イマドキ)」、「かっこいい」「かわいい」と、賞賛、満足してほしいですか? 宣伝した商品を買って(教室であれば入会して)ほしいですか?

不況となると真っ先に削減されるのが広告費です。

とくに折込チラシは、「効果を期待できないが全く出さないのも不安」「社名、存在がわかってくれればいい」というだけで出している、という話も聞き、年々、その数が減少しています。 広告の効果それは当然、スクールであれば集客、新規入会などです。

ところで、広告を見る人は誰でしょう。 それは一般の人です。 デザインや企画が斬新であれば確かに人目を引きます。

斬新なキャッチコピーだけが印象に残り何の商品の宣伝だったかわからない そんな記憶がありませんか?

お笑いタレントが顔を洗うと、有名イケメンタレントに『華麗なる』変身をとげる男性用化粧品のCMを覚えていますか? さて、あのCMで宣伝されていた商品名は何だったでしょうか? 会社名やブランド名ではなく『○○ウォッシュ』といった商品名が記憶に残っていますか?という意味です。 本当に洗顔フォームでしたか?それともシェービングローションでしたか?

数百円の商品に何億という広告費用をかけられるのであれば テーマソングや斬新さだけが記憶に残っても、 「あの変身するやつがほしい!!」「使わせてみたい」となれば すばらしい広告の効果です。(実際に売れたでしょう)

インターネット(ホームページ)も同じです。 デザイン重視のところに頼めば、おしゃれなページが出来るでしょう。 検索エンジン対策重視の業者に依頼すれば、何がしかのキーワードでyahooやgoogleの順位は上がり、閲覧数も上がるでしょう。

私たちの願い

私たちが提供する広告は、当たり前に聞こえるかもしれませんが、 まず、どんな媒体でも共通して、内容がわかること。 対象年齢(子ども向けであれば、自分の子が入会対象か)が、すぐにわかること。 「問い合わせ」が来るつくりです。

インターネットであれば、営業時間外でも問い合わせや申し込みを受けることが出来るというのが大きなメリットです。 そのためには「問い合わせ」という目的ページへわかりやすく誘導すること 説明ページ、リンクボタンわかりやすいこと。 ただたくさんページがあれば良い、検索エンジンで、無作為な語彙でHITすれば良いというものではありません。

紙面媒体でも 一枚の紙面の中で、内容を把握できること。迷わず問い合わせの電話ができるつくり。 を心がけています。

実際に多くの依頼主様に一様に問い合わせの数が増えたことはもちろん「今までと、問い合わせの質が違う」と、喜びの声をいただいています。

それから、もうひとつの心がけは、難しい専門用語を極力使わないことです。 インターネットの用語、印刷の規定、それがわからないから頼みたいのに、どう説明して良いかわからない。それぞれ別々なところにそんな風に感じたことはありませんか? インターネットの世界は、一般の方にはわかりにくい用語が多く、 どんどん新しくなり、それは日々増えていきます。

ホームページやパソコンの難しい用語を理解いただく必要はありません。 とにかく問い合わせがくればいい 過去の実績を効果的に見せたい 自分の理念を知ってほしい 心に思っている「目的」だけをおっしゃってください。 それを形にするのが私たちの仕事です。 私たちのモットーは、みんなが○(マル)になることです。 依頼主さんも、ご覧いただく対象の保護者の方も満足していただくこと そして私たち提供者も納得できるものをご提供したい。 それが私たちの願いです。

»まずは、一度お問い合わせ下さい。

問い合わせ

運営サイト

  • 習い事、学習塾を探すなら
こどもじゅく
  • 子ども教育情報センターは、北海道、札幌の教育機関の広告をトータルにプロデュースします。